05年夏~06年夏まで1年間スウェーデンに留学していました。東京での大学院生活を経て、今は岡山県で働いています。


by kanapyon_814
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2010年 12月 29日 ( 1 )

寒いですね~。

昨日は、仕事で県の北部の蒜山(ひるぜん)というところに行きました。
B級グルメの大会で、準優勝した「ひるぜん焼きそば」をご紹介するためです。
久しぶりの雪景色でした。

それが仕事おさめで、今日はお昼まで寝てしまいました。
明日から少し東京に帰ります。

でも、年始は「あけましておめでとう」が言えません。
10月の終わりに、隣に住んでいた祖母が亡くなってしまったからです。
93歳でした。100歳まで生きると思っていた元気なおばあちゃんだったのですが、
突然、神様に呼ばれてしまいました。

おばあちゃんが亡くなったのは10月30日。
私がおばあちゃんに最後に会ったのは、10月15日でした。
出張で東京に行っており、帰り際、おばあちゃんに声をかけました。

「じゃあ岡山に帰るから、またね」

おばあちゃんは亡くなる直前までお店をやっていて、
道路に面したお店のガラス窓のところで話をしていました。
いつもだったら、おばあちゃんはすぐに奥に戻ってしまうのだけど、
この日だけは、私の姿をずっと見ていてくれて、
私も何度も振り返り、見えなくなるまでおばあちゃんに手を振りました。
これが最後のお別れになるなんて、そのときは、まったく考えていませんでした。

そのあとに訪ねてきた叔母さんに、おばあちゃんは
「今日はかなちゃんがずっと手を振ってくれていた」と嬉しそうにいっていたそうです。

「お互い、何かを察していたのかなぁ」と
お葬式のときに叔母さんが話してくれました。

なんとなく、そうなのかもしれないと思いました。

おばあちゃんは、本当に突然亡くなってしまったので
家族の誰一人、最後のお別れが言えていません。
早くにおじいちゃんがなくなり、1人で強くがんばってきたおばあちゃんは、
1人で旅立ってしまいました。

今も、10月15日に手を振ってくれたおばあちゃんの姿が、
くっきりと頭に焼き付いています。

お別れは言えていないけど、いい別れ方ができたと思って感謝しています。

「かなちゃんの花嫁姿を見てから死にたいな~」と
言っていたおばあちゃんに、その姿を見せられなかったのは残念だけど
おばあちゃんは、きっと天国でおじいちゃんと一緒に、
私のことを見守ってくれてるって思います。

おばあちゃん、ありがとう!
[PR]
by kanapyon_814 | 2010-12-29 18:16