05年夏~06年夏まで1年間スウェーデンに留学していました。東京での大学院生活を経て、今は岡山県で働いています。


by kanapyon_814
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

昨日TVを見ていたとき、父がふと
「今はボウリングまで、TVゲームでできちゃう時代なのかぁ・・・」と
ため息混じりにつぶやいた。

最近よくCMをやっている、手にバンドを巻いてTV画面見ながら
テニスとかゴルフとかのスポーツをするゲーム。
次世代の子どもたちにとっては、スポーツをすることが、
お家の中で、ボールに触ることもなく、
たいして汗もかかずに行うことになってしまうのだろうか・・・。

よく、最近の子どもは、「まっすぐ走れない」、「スキップができない」、
「ジャンプすらできない」というニュースを耳にするが、
こういうゲームがあったりしたら、まぁそうなるのも必然的だろう・・・。

ゲームとかの宣伝では、「臨場感」という言葉がよく使われる。
実際の場所にいるような、実際にプレーしているような臨場感。
でも、それはやっぱり、ただの感覚でしかないし、
自分の気持ちが「騙されている」ということになる。

スポーツの場合だったら、TVで観るのよりも生で観る方が、
それよりも、自分でプレーする方が感動が大きい。
その一番は、そこにチームメイトがいて、
同じ目標に向かって、一緒に練習に励み、
連帯感を持って、試合に臨むから。
そこに、“生の”コミュニケーションがあるから。

人に会うのが、メールよりも電話よりもやっぱり一番なのは、
その人と同じ空間で、同じ時間を共有して、
その時の自分を隠すことなく相手の前にさらけ出し合えるから。
それが“生の”コミュニケーションだから。

バーチャルなものは、所詮、バーチャルでしかないのであって、
リアルなものには絶対に敵わない。
人はリアルなものに触れてこそ、心を動かすことができるのであって、
バーチャルな世界で心が動いたと思ったとしてもそれは「錯覚」でしかないと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中高生の、いじめによる自殺が問題になっている。

私は前、自殺する人の気持ちが全然わからなかったけど、
この前親知らずを抜いた後、痛みがしばらくの間おさまらなかったことを機会に、
どうして人が自殺を考えるのか、ちょっとわかったような気がした。

「この苦しみから抜け出せる日が来るのだろうか」
「もしかしたら、一生抜け出せないかもしれない」
「この毎日のルーティーンを繰り返すのはもう耐えられない」
「だったら、自分からこのルーティーンを切ってしまった方が楽になれる」
「私の居場所はもうどこにもないし、わかってくれる人も誰もいない」
「私がいなくたって、悲しむ人なんて誰もいない」

こんなふうに考えるんだろう。
体の痛みもそうであるように、心の痛みがずっと続いている場合、
人は自分を追い詰めて追い詰めて、昔の楽しかった経験も、
幻想のように思うか、もしくは思い出せないんだと思う。
「もう私の人生はこれからも苦しみが続くだけ」と考えてしまうんだと思う。

でも、やっぱり人を苦しみから救えるものは、
自分が心を動かした経験だと思う。

世界には、今まで知らなかったこんなことがあったんだ!
こんなことをやっている人もいれば、こんな生活をしてる人もいるんだ!
こんなにすごい人がいるんだ!こんなにステキな人がいるんだ!
知らないことがまだまだたくさんあるし、
これからすごくステキな人に出会えるかもしれない!

私も何かの一員として、何かをすることができるんだ!
私のことをこんなに思ったり、考えたりしてくれる人がいるんだ!

そういう発見の喜びと感動が、本当に大事なんだと思う。
そして、それを与えてくれるのは、生のコミュニケーション。

携帯電話とか、インターネットの発達で、
私たちは、「目の前にいる人」とのコミュニケーションを
大事にしなくなってきているのではないかと思う。

友達同士でいても、お互いメールを気にしていたりとか、
家族に話かけても、メールやパソコンに夢中で、
ちゃんとした返事が返ってこなかったりとか。

「目の前にいる人」とちゃんと向き合って、ぶつかることも恐れないでいないと、
どんどん心が冷えていってしまうんじゃないかな。

前の記事で、体にとって一番悪いことは、体を冷やすことって書いたけど、
それは心にだって同じ。

心を冷やしたら、心の機能がどんどん低下しちゃって、
風邪菌が入ってきたとき、つまり何かつらいことがあったとき、
自分を追い詰める前に、それを追い出すことができなくなっちゃう。

心を冷やさない努力は、自分だけじゃなくて、周りの人と一緒にしていくもの。
大人たちが、子どもたちの心を冷やさないように、よく見ておくこと。
そして、大人たちが、子どもたちに、世界はこんなに楽しいんだよ、
生きているとこんなにいいことがあるんだよって、自分の行動で示してあげること。

生き生きした大人が増えたら、子どもたちも大人になるのが楽しみになるはず。
中高生の自殺は、今の子どもだけに問題があるのではなくて、
社会全体に問題があるってこと。
子どもだけじゃなくて、みんなの心が冷えている危険があるということ。
バーチャルな経験ではなく、
リアルな経験と、生のコミュニケーションを通して、
心をいつも温かくしておく必要があるということ。

体だけじゃなくて、心の運動もとても大事です。
[PR]
by kanapyon_814 | 2006-11-27 12:06
久々の更新になってしまいました><

昨日は、卒論の中間発表会がありました。
これからがんがん書かないといけないけど、
発表終わってちょっとほっとしました。
発表後の先生のお宅での懇親会も楽しかった★
これで、秋学期がやっと終わった!
(うちの大学は3学期制なので9~11月が秋学期)

でも、卒業までもう残すところ1学期なんて、
シンジラレナーイ!!!
(日本ハムヒルマン監督のこれ、最近よく使っちゃいます笑)

今日は、昨日おばあちゃんの誕生日だったので、
お祝いに行ってきました★

おばあちゃんが「色鉛筆をもらったけどいる?」とくれたので、
なんとなく絵を描いてみたくなって、お膳の上にあったりんごの絵を描きました。

e0064166_23133359.jpg

りんごと言ったら「赤」だけど、
描き進めていくほど、色んな色が見えてきて、すごく面白かった!!
赤といっても、色んな赤があるし。
赤、オレンジ、黄色、茶色、濃いピンク、黄緑、といろんな色を重ねました。

個人個人も同じだなぁ。
この人はこういう人っていうイメージがあるけど、
本当は、色んな色が重なってできてて、
ある一つの色が、少し強いだけ。

色々なものや、ことや、人を
決め付けないで、見られる人になりたいなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は、成長していくごとに、色んな色を重ねていくんだと思うけど、
その「芯」はそんなに変わらないものだし、
無理して変えようとしなくてもいいと思うのです。

私の芯を構成してるものの1つがバレエです。
こないだ、小さい頃の写真を見ていたら、
3歳半のときにはバレエを始めていたことがわかりました。
気づいたときには私にはバレエがあったんですね。
中高のとき、発表会前には週5くらいで踊っていたこともありました。

e0064166_23564750.jpg
16歳のとき。

写真を写真に
撮ったから
画質悪い
けど・・・



幸いなことに、バレエは今でも続けています。
受験があったり、他のことで忙しかったり、
行かれなかった時期もあるけれど、
もう少ししたら、延べ20年のお付き合いになると思うと
なんだかじーんとしてしまいます。

スウェーデンでも週に1回やっていて、
帰ってきてから、9月、10月はあまり行かれなかったんだけど、
最近は、週に1回は行かれるように心がけています。

体調管理のためもあるし、
バレエの奥の深さに改めて気づいたのです。

腕の使い方一つで、ジャンプがしやすくなったり、
内ももと腹筋を意識すると、バランスが取りやすくなったり、
ほんのちょっとの違いなんだけど、全然違ってくるのが面白くて。

ちょっと前は、とにかく一生懸命踊っていたけど、
年齢が上がってくると、ただ踊るだけでは足りなくなってくる。
つまり、無理のないように、より「自然」に踊ることを心がけないといけなくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この「自然」という言葉、私の中で現在のキーワードです。
自分の体や心にとって、「不自然」なことを続けると、やはりどこかに障害が出てきます。
座りっぱなしとかでいると、腰痛や肩こりがでてくるように、特に体は正直です。

人間の体は、自然治癒力っていうものを持っていて、
その自然治癒力をちゃんとキープできている状態が健康状態です。
だから、自然治癒力がちゃんとあるときは、ちょっと風邪菌が入ってきたりしても、
少し休めば、追い払うことができます。
逆に、自然治癒力が弱っているっていうのは免疫力がない状態で、
風邪菌が入ってくると、こじらせて長引いてしまいます。
重要なのは、自然治癒力をキープすること。

先週、今週って、家で風邪が流行して、
私もちょっと風邪ひいちゃってつらかったので、
整体の先生とかに聞いた、健康を維持するための秘訣を紹介します。

一番は、足を冷やさないこと!!

冷えは万病のもとっていいますけど、本当ですよ!
足が冷えると、股関節や、内臓も冷えてしまって、
腸の動きが悪くなり、便秘になったり、
肝臓の働きが悪くなって、血液を作る力が落ちてしまったりします。
体を冷やさないように気をつけましょう★

そして、規則正しい生活と、しっかりした食事、
適度な運動も大事だそうです。
とっても基本的なことですね。
その基本的なことを守るのがなかなか難しいけど。

でも、体も心も、いつも元気でいるために、
ちょっと気をつけてみましょう!!

それでは、11月最後の週も充実させましょうね!
[PR]
by kanapyon_814 | 2006-11-27 00:16
私が考えたり、思ったり、感じたりしていること、全ての中の
一体何%を占めるのかなぁ・・・」

と、どうでもいいことをふと思ったら、それに派生して
なんだか色んなことを考えてしまったので、せっかくだから書いておこうと思う。

まず気づいたのは、人間は「考える」「思う」「感じる」のどれかを常に行っていること。
座禅の修行では、「思考を無にしなさい」と言われるそうだが、たやすいことではない。
なぜなら、「無にしなさい」と言われれば、人間は、
「無にしなくては。無にしなくては。」と思ってしまうから。

寝ているときも多分思考はしていて、それが形となっているのが夢だ。
多分、夢は毎日見ているんだろうけど、
「今日は夢を見た」とか「見なかった」という違いは、
覚えているか、覚えていないかなのだろう。

ちなみに昨日見た夢では、俳優の速水もこみちさんから電話がかかってきた(笑)。
夢では、ゼミの最中で電話に出られなかったんだけど、携帯のサブディスプレイに
はっきり「速水もこみち」って表示されてた。出てたらどうなってたのかなぁ。
「番号そのままauにおいで」って言われたのかな・・・。
別にすんごいファンってわけじゃないのになんでだって思ってたら、
最寄り駅の改札で毎日もこみちさんの写真を見るから
それで勝手にインプットされてたのではないかと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話がそれたけれど、人の頭は常に動いているんだってことを確認した後で、
次はそれらはどのように分類できるのかということを考えた。

多分それらは、簡単に分類すれば
①短期的なもの = 一時的な感情、すぐに満たせる願望、欲求
(例えば、あーテストやだーとか、今日は辛いものが食べたいとか、
 前に座ってる小学生かわいいなぁとか、そういうの)

②中期的なもの = すでにある予定に関すること、近いうちに実現できそうな欲求
(例えば、これをいつまでに仕上げなきゃいけないなぁとか、
 いついつにはここに行こう、最近こう思うなぁとかそういうの)

③長期的なもの = まだ予定がないけどやりたいこと、希望
(例えば、何年後にはこうでありたいなぁとか、こういう人になりたいなぁとか、
 将来ここに行きたいなぁとかそういうの)

というようになり、③に向かうに連れて、
だんだん願望の要素が強くなっていくのがわかる。

頭がぐちゃぐちゃしたとき、特にやらなきゃいけないことがたくさんあって、
パニックになってしまったとき、この①、②、③を縦軸に、
重要度(緊急性/すぐにやらなきゃいけないことか、置いておいてもいいか)を
横軸にして、表にしてみるとすっきりする。

ちなみに、このブログに書くことは、
自分が経験したり、感じたりしたことで忘れたくないこと、
知らせたい、共有したいと思ったこと、
しばらくの間考えていてなんらかの結論が出たこと、
ずっと頭から離れなかったりすること、とかが多いのかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなふうに、人間は色んなことをごちゃまぜにして同時に考えていると
再認識したのが、人の多い駅でだった。

と、今度は「ここにいる人たちも、今、色んなことを考えながら歩いているんだよなぁ、
もし、この人たちの考えていることが全てわかってしまったら、どうだろう・・・」と考えた。

・・・いや、絶対に無理。

もし、通り過ぎていく人とかも含めた全ての人の考えていることが、
一時的な感情も含めて、全てわかったら、おかしくなる。
だから、他の人の気持ちが全部わかることよりも、
わからない方が幸せなのではないかと思う。


わからなかったら、知りたい部分だけ、聞いてみればいいのだから。


そう考えたら、
「今、通り過ぎた人、私のことにらんでた」とかって不快になったり、
「人の気持ちがわからない」とか、
「あの人は私のことを嫌ってるんじゃないかしら」とかいう悩みって、
正しい場合もあると思うけど、思い過ごしのことの方が多いんじゃないかなと思う。

心配しなくて、大丈夫、大丈夫!
人って案外自分のことばっかり考えてるんじゃないかな。

はい、以上、本日の考察終わり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あーあ、なんか、長くなっちゃった。
分類とかしちゃってるのって、
絶対今日まで、哲学者たちとお付き合いしてたからだ・・。
今日、「西欧政治思想史」のテストだったんです。
ソクラテス、プラトン、アリストテレス、キケロ、マキャヴェリ。
あ、マキャヴェリって全然、悪魔じゃないですよ。
すごくちゃんと現実を見てた人だと思う。
一般的に言われてる、マキャヴェリズムには誇張があります。


最近、ちょっと引きこもりがちです・・・笑。
期末試験とかレポートとか卒論とかがあるからだけど。

引きこもるとだんだんそれがちょっと楽しくなってくるのが怖い・・・
でも今日、学校に行って、色んな友達に会えて、
やっぱり友達といる方が楽しい★と心から思ったのでご安心を!!

引きこもって、集中して書物を読んだりしつつも、
友達に会ったり、講演会に行ったり、
外に出て刺激を得ることも忘れずにいきたいなと思います!!

写真もUPしたので、みてくださいね!こちらからどうぞ♪
[PR]
by kanapyon_814 | 2006-11-17 18:17

怒りを少なくする方法

今日は、東京で「木枯らし第一号」が吹いたそうですね。
札幌では初雪だそうです。
本当、寒かったー。手袋とかの防寒具を出しました。
皆さん、風邪に気をつけてください。

今、MSNのサイトでこんなものを発見しました。
2007年1月公開のバレエムービー:オーロラ
予告編ムービー見たら、フランス語でステキでした。
パリ・オペラ座の有名ダンサーがたくさんでる作品だそうです。
観にいきたーい!

今日は、サークルの先輩にちょこっとあって、
あんまり考えすぎないで、学部時代は楽しく過ごしなさいと言われました笑。
そうしまーす!

というか、近間で行きたいところがたくさんあります。
友達の地元の川越、
夏に友達と行く予定だったのに行かれなかった鎌倉、
学校の近くの江戸たてもの園、
あと、5年間結局まだ行ってないディズニーシー。
10月に母と妹が立て続けに行って、私も~と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、今日は、喜怒哀楽、
特に、「怒」について、考えたことを書きたいと思います。

あ、別に最近自分が怒ってるわけではないですよ。
むしろ、気持ち落ち着いてます。

人が怒る理由って、色々ですけど、
色々あるはずの理由が、怒る、イライラするっていう形で表現されるとき、
カーっとなって、いつも同じような形で表に表れてくるような気がするんです。

ここで、ケースを2つ見ます。

ケース1
例えば、子どもが何か悪いことをしたとき、実際のその怒りの原因は、
「子どもが悪いことをしてしまって、“悲しい”」という気持ちだったりすると思うんです。
でもそれが形を変えて、「あんた、何やってるのよ!!」という表現になるわけです。

ケース2
例えば、恋人が浮気をしたときの怒りの原因は、
“寂しさ”だったり、“嫉妬”だったりすると思います。
でも、それが表に出てくるとやっぱり、「あんた、何やってるのよ!!」になる。

怒りって、自分の気持ちをストレートに表現してるようで、
本当は、カモフラージュしてるのではないかと思うわけです。

ケース1の場合もケース2の場合も、
相手側は、「なんだよ、うるさいな!」という対応で終わってしまう。
お互い、もっとイライラして、謝ろうという気持ちは起きてきません。

もし、怒る側が、自分の本当の正直な気持ちを表現できていれば、
お互い怒るという状態は少なくできるのではないでしょうか。

ケース1の場合に、例えば
「あなたがこんなことをしてしまって、お母さん悲しかったのよ。」というとする。
そうしたら、子どもは、「うるせーくそばばー」みたいな気持ちではなくて、
「あ、お母さんを悲しませてしまったんだ」と思って
自分の行動を反省するのではないかと思うのです。

ケース2の場合も、
「あなたが浮気をして私はすごく寂しかったの。」というとする。
そうしたら恋人側も、「あ、寂しい思いをさせてしまったのか、悪かったな。」と
思うのではないでしょうか。

怒りを感じているときって、ただ相手が“悪い”ってことしか感じられないから、
本当は、その人の行動で、自分が悲しくなったとか、
寂しくなったっていうことに、なかなか気づきにくいと思います。

もしも、なんで自分が怒りを感じているのか、自分でちゃんと理解できて、
その本当の気持ちを相手に伝えられたら、
お互いぎくしゃくするってことは避けられるんじゃないかなぁと
ふと、考えたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悲しいとか寂しいとか伝えるのって難しいけどね・・・。
正直になるのは難しい、でもとっても大事。

そういえば私、スウェーデンで、寂しくなったときに、
「寂しい病にかかっちゃったよ~」って正直に言える友達がいたから、
ちゃんと乗り越えられたところがあったんです。

悲しいとか寂しいとか言ったら、弱い人に思われるかなぁって
感じるかもしれないけど、言っちゃった者勝ちなところあるような気がするなぁ・・・。

他の人の気持ちって「あの人はこう思ってるはず」って理解できてるように思ってても、
「え、実はそんなふうに感じてたの!」ってびっくりすること多いから、
お互いにそういうのが重なっていってしまうと、
どんどんすれ違っていってしまうのだと思います。

自分の気持ちを正直に話すこと、大事です。
自分が正直であれば、相手も正直に向かってきてくれると私は思います。

以上、考察終わり。

今週もよい一週間を♪
[PR]
by kanapyon_814 | 2006-11-12 23:49
木曜日の昼休み、午前の授業と午後の授業の間に時間があったので、
友達と近くにラーメンを食べに行った。
食べ終わって、外に出ると
「うーーん、いいお天気!このままどっか行きたいなー」と友達。
「ちょっとサイクリング行っちゃう??」

ということで、学校の近くの深大寺まで行ってきた。

写真はこちら
   ↑
このブログ、写真をUPできる容量が減ってきたので、
写真用のブログつくっちゃいました!!

そこは、なんだか異空間。
さっきまで、経済の授業受けてたとは思えない。

そういう場所大好き。
ちょっと日常と隔離してるところ。

合間を縫って、いつもとちょっと違うことをしてみる幸せ。
気持ちの切り替えって、大事だな。

小さい幸せを積み重ねておくと、
イライラすることが少なくなると思う。

例えば、電車に乗るとき、自分は並んでたのに、
後から来た人がずんずん入っていってしまったとかいうとき、
もしその日自分がイライラしていたら、「なによ、この人(怒)」ってなるけど、
自分の気持ちが安定してたら、
「この人、相当急いでるんだな、ま、いいか」って流せたりする。

イライラしてると、発想の転換ができなくなっちゃうし、
普段だったら許せること、受け入れられることも、
色んなことを人のせいにしてもっとイライラしてしまう。

だから、
自分のイライラの原因になりそうなことを、
まず受け入れて、冷静に判断できるような自分を
作って保っておきたいなぁと思う。

最近「受け入れる」ということの大切さ、
そして難しさをよく感じる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の心の平静をキープするっていうのは、
心の中の天使と悪魔のバランスを上手に取ることだという気がする。

10時頃、妹の前で独り言を言った。
「あーもう寝ようかなぁ・・・いやっだめだ、もうちょっとやらなきゃ!!」

すると妹が言った。
「いやっだめだって言ったのは、天使の方??(笑)」

「え。あ、うん(照)」

前に妹に、
「私の中には、天使の私と悪魔の私がいるみたい。
 いつもケンカしてるの。」 と言ったことがあった。
それを覚えていてくれたみたい。

なんだかんだいって、
自分の心の中の悪魔に勝つのって難しい。

たまには、悪魔の自分を許すことって絶対必要だけど、
たまーにってのが積み重なって、いつも負けそうになってしまう・・・。
それを乗り越えないとなぁ。

今はこれをする時間、
次はこれをする時間って、
しっかり気持ち切り替えないと!!

何事もバランスが大事です。
[PR]
by kanapyon_814 | 2006-11-11 23:55

カメノヒミツ

今日も問題です。

これは一体何でしょう??

e0064166_22345128.jpg


ヒント:
カメの甲羅はなぜ大きくなるか知っていますか??

はい、正解は、
古くなったというか脱皮(?)したカメの甲羅なんです。
時々、水槽の水の中に浮いているそう。


今日は、母に
「今、カメを屋上で散歩させてるから見ておいでよ、面白いよ」と言われ
ちょっとカメを観察していました。外に出られてカメも嬉しそうでした。

カメは歩くのそんなに遅くないんです!

うちのカメ吉。買い始めてから10年くらい。
e0064166_22411528.jpg


サンダルくらいだから結構大きいんですよー。
e0064166_22422546.jpg
[PR]
by kanapyon_814 | 2006-11-08 22:44
金土は、学祭がありました。

そのことを中心に書くつもりだったけど、今週感じたちょっとしたことも、
振り返り形式で、忘れないために書いておきます。
前後の脈絡がなくなることが予想されますが、ご容赦ください。

7日(火)
風が強かったですね。
夜、バレエに行った帰りに本屋に寄りました。
最近、集英社文庫の本がお気に入りです。
新刊の本のところを見ていると、まぁ多いこと、
「格差」やら「下流社会」と言った言葉が・・・。

ちょっと嫌になりました。
言葉が先行してしまっているように感じるのは、私だけでしょうか。


6日(月)
前の日の夜に自転車のサドルが夜露で濡れていて、もう結構寒いんだなぁと
思っていたのですが、この日はなんと、セミが鳴いていた!!!
絶対おかしーーーーーい!!!

今日は北海道で竜巻もあったし、「気候変動」が起こってる証拠ではないでしょうか。
世界防災会議に行ったとき、決議案に、「CO2の増加は気候変動をもたらす」という
文言が入らないように必死で抵抗していたアメリカの姿を思い出す・・・。
日本に帰ってきてから忘れがちだったんですけど環境問題には
常に気を配っていなければと思います。

防災で思い出したんですけど、最近ニュース番組で、
東京で大地震が起こったら・・・系の特集が組まれてることが多いのですが、
(本当、いつ来てもおかしくないもんな・・・)
こないだ、「高層難民」という人々が発生するというのをやっていました。

「高層難民」とは、高層マンションに住む人たちのことです。
高層マンションから降りてこられなくなったり、
自分も建物も助かっても、エレベーターが止まってしまうために、
水や物資を自分の住む階まで運ぶことができないという問題が生じます。
26階に住む主婦に、8Lの水を階段で運んでもらう実験がされてたのですが、
到達するのに、40分かかっていました。
高層マンションをもっと建てて、都市に人を呼び込むべきだという発想とかも
聞きますけど、危険があることも忘れてはならないと思います。


5日(日)
部屋の構造改革を始めてしまいました・・・大変なことになってます(苦笑)
はい、改革は痛みを伴います。

夜、東北大学に留学しているスウェーデン人の友達が、
東京に来ていたので会いました。
他にいた日本人の人が、「キレ」と「コク」という日本語を
"sharpness of the taste" とか"Deep taste"とかいう表現を駆使して
一生懸命説明していました。
あと、「気味が悪い」と「気持ちが悪い」の違いとか。
確かに、こういう言葉は、何気に使ってるけど、
日本語を勉強している人に教えるとなると難しいですよね。
言語は、奥が深い!!


2日(木)、3日(金)、4日(土)
学祭準備&本番でした。
今年は、バングラデシュに寺子屋を作るために活動している
ACEF(リンク飛んでみてください)のバザー商品の販売と、
「魂走」を踊ってきました。


さーて、「魂走」とは一体なんでしょう??
e0064166_0112075.jpg


正解は、ソーラン節のことです(金八先生のやつ)。
リーダーやってる友達が何かオリジナルな感じにできないかなぁと、
そーらん、そーらん・・・Soul Run!魂走!!って思いついたそうです。
かっこいいですよね~。

ソーラン節は、おととしから有志の人を募って、友達が始めて3年目。
私は、最初の年に出してもらって今回が2回目でした。
でもおととしは雨が降ってしまって、屋外ステージでは踊れず、
ちょっと未練が残っていました。今回はちゃんと晴れてくれた!!!
この踊り、どんなに踊っても太ももに筋肉痛が来る・・・
でも、たくさんの人の前で踊れて、やっぱり気持ちがよかったです☆

私が前に部長をやっていたサークルでは、展示カフェが開催されていました。
準備と片付けを手伝ったのですが、私が部長だった頃に、
まだ入りたてで、「受け身」って感じだった2年生たちが、
後輩たちに指示を出して活躍していたのにすごく感動しました。
なんか、妹弟たちが大きくなるのを見守る気分(笑)

打ち上げでは、3年生たちが引退で、プレゼント贈呈&スピーチが。
ここでも更に感動。3年生たちはすっかり貫禄が出てきてて、
彼らが入部した頃のこととかを思い出しながら、同級生たちとしんみり。
そして、私も4年生なんだなぁと改めて実感。年取ったなぁ・・・なーんてね。

打ち上げが終了するころ、NYに留学中の一つ上の先輩から
今の部長の携帯に国際電話が!!
卒業しても、遠くにいても、サークルのことをしっかり想っていてくれてる心に
もっと感動。。。久々に声聞けてよかった~!

在校生としては最後の学祭は、こんなふうに後輩たちの成長に感動したり、
観客としても、こないだ写真を載せた日本家屋(実はお茶室)にお茶会を
体験しにいったり(でも足がしびれてやばかった・・・)、
ダンスパフォーマンスを見たりと、楽しむことができて最高でした!

1日(水)
11月になったので、気持ちを切り替えようと思って、
「11月1日の誓い」を立ててみました(笑) 
メリハリのある生活をするための7項目。
(1時までには寝る、筋トレとストレッチをする・・・等々)
白い紙に赤い文字で、机に貼ってあります。
ちゃんとキープできるように頑張るぞー!
今のところは・・・うーんまぁまぁかなっ。

おまけ
最近お母さんに「女優になりなさい」と言われます。
理由は秘密です(笑)
[PR]
by kanapyon_814 | 2006-11-08 00:15

うきうきする場所

路地裏最高!!!@地元
e0064166_18393899.jpg
e0064166_1840294.jpg

e0064166_18402579.jpg
e0064166_18404043.jpg

e0064166_1841497.jpg
[PR]
by kanapyon_814 | 2006-11-01 18:41

落ち着く場所

@学校
学校の中にある場所で時が止まってるように感じるところ
e0064166_18241516.jpg

e0064166_18244062.jpg

e0064166_1825545.jpg

e0064166_18253493.jpg


おまけ@学校
e0064166_1826391.jpg

e0064166_18271090.jpg

[PR]
by kanapyon_814 | 2006-11-01 18:29