05年夏~06年夏まで1年間スウェーデンに留学していました。東京での大学院生活を経て、今は岡山県で働いています。


by kanapyon_814
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

空気の読めるオトコ★

昨日の夕方のことです。

私がリビングで一人、ココアを飲んでいると、
弟が学校から帰ってきました。


「ただいまー」
「おー、おかえり」


いつもはこれで弟はすぐ部屋に行ったり、
パソコンをいじりはじめたりするんですが、昨日は続きがありました。


「あれ、どうしたの?なんかしんみりしちゃって。」
と弟が聞くんです。


その時、意識はしていなかったものの
実際しんみりした気分になっていたのは確かで、
的を射たことを言われた私はびっくりして聞きました。


「えっ、なんでわかったの?」


弟の回答: 「え、オレ、空気読めるオトコだから。」


!!!


うわ、やられた(>_<) と思いましたね(笑)



「空気を読む」って言葉に関しては色々考えることがあって、
使い方によっては嫌いな言葉になるんですけど、
これを「人の気分を察する」ことだと定義する限りにおいては、大事なことだし、
弟が私の気分を察して気遣ってくれたのは、単純に嬉しかったです。


実は、前の日にも弟は、イライラしてる私に対して
「なんか、イライラしてるね、どうしたの?」と声をかけてくれました。

その瞬間、イライラが吹っ飛びました。
「あれ、私、なんでイライラしてたのかな?」って我に返って。

弟は感じたことを素直に口に出しているだけなんだと思うけど、
そうやっていってもらえることで、救われている私がいます。

弟、感謝するぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、ふと思ったんですけど、
年を重ねることって、他の人により近づけるようになることなのかなって。

年を重ねて、色々な経験をするということは、色々な気持ちを経験するということ。
それは、他の人と共有できる気持ちが増えるということ。
その意味で、他の人に近づけることだっていえるのかなと思います。

子どもの頃に、理解できなかった芸術作品や、歌や詩が、
あるとき急にわかるようになるのとかもそういうことですよね、多分。

あと、昔踊った踊りを今踊ったら、違った踊りができるんじゃないかと
思うんです。きっと、表現の幅が増えているはずだから。

そう考えると、年を重ねることってすごくステキなことですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャンパスの梅と、早咲きの桜です。

今日は最後の期末試験が終わりました。

e0064166_1271354.jpge0064166_1272387.jpg
[PR]
by kanapyon_814 | 2007-02-28 01:26
観てほしい映画、それは、

『それでもボクはやってない』 です。



内容と感想は、少しだけしか書きません。
どうぞ、観てください。


リアルです。


これは、裁判の映画で、
裁判制度に対して沢山沢山感じることがあるけれど、
もう一つ思ったこと。


この事件にとって、満員電車がすべての元凶だーーー!!


と、この映画を観て、
私は日本のワークスタイルみたいなものにも、
改めて疑問を持ちました。

あと、小日向文世さん、、、うまいです。
他の役者さんたちも、演技がうまい人たちが多かった。


とにかく、オススメできる映画なので、是非!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この映画、これからロースクールに行く友達と観たので、
その後、将来のこととかについても話しました。

私、この前、思いがけない瞬間に、
自分がやってて一番楽しいことが、
わかってしまいました。

今まで、ずっと押し込めてきたような気がして、
何か、ぽーんとチャンスがやってきたらなぁなんて思ってしまいます・・・。

あることが成功すれば、
すべて上手くいくんですけどね。
あることの真相は、今のとこ、友達とのヒミツにしておきます・・・笑。

でも、強く思っていることは、
いつかきっと、実現しますよね。

振り返ってみると、そういうことって多いし。

それをすることが仕事にはならなくても、
何かの形で関われるといいなぁと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今、『ハケンの品格』観てました。
いいですね。
篠原涼子さん、かっこいいです。
[PR]
by kanapyon_814 | 2007-02-21 23:05
ついに遭遇しました~!!

『拝啓、父上様』のロケ@地元、神楽坂~★

母と商店街通ったら、主題歌の『パピエ』が流れていたので、
「んん?もしや、ロケやってんじゃん?」と、
料亭のロケに使われている場所に行ってみました。

すると、料亭の外観の準備中!
ドラマの中の料亭名、『坂下』の看板が取り付けられていました。
e0064166_21563813.jpg



下の方には、石段みたいなのを大道具さんが付け足していたけれど、
なんと発泡スチロール製でした。

ちなみに、これらの写真(クリックしてジャンプ)
撮ったところの近くでロケされてます。

そこには二宮君はいなかったんだけど、
帰り道に知り合いの家の前を通りかかると、
その1階のフレンチレストランの方で、ロケが行われていた~!!

顔はちゃんと見えなかったけど、
あのジャンパーと髪型は二宮君だ!という人を発見しました★わーい!

写真撮ろうとしたらダメですと言われました(笑)
完全にミーハーですね。。。
久しぶりにロケ見て、興奮しちゃいました。

ちなみに前に見たロケは、うちの近くの通りで、
福山雅治さんと常盤貴子さん主演の『めぐり逢い』のロケでした。
福山さんかっこよかったです(笑)

最後に、こないだTVで紹介された神楽坂ロールを紹介しちゃいます。
抹茶ロールの中に、大納言、オレンジピュール、栗などが入っています。
e0064166_22154193.jpg



TVの力はすごい。
神楽坂は最近、人が増えています。
[PR]
by kanapyon_814 | 2007-02-19 22:19

・・・と思いました。

言葉にするのは難しいけど、やっぱり思っていることは
言葉や行動にしないと伝わらないと思いました。

一人で悩んでいるだけでは何も始まらないと思いました。

中央特快に2日連続で乗ると相当気持ちがいいと思いました。

キティちゃんの鞄を持っているおじさんを見て、
それを娘に届けるのであってほしいと思いました。

髪の毛が爆発しないと気持ちが安定すると思いました。

横顔美人になりたいと思いました。

最近の暖かさが怖いと思いました。

お気に入りのコートをもう少し着たいので
もうちょっと寒いままでいいなぁと思いました。

今日は日差しが暖かかったけど風が強過ぎて「痛い」と思いました。

明日は風が強くないといいなと思いました。

電車の中で化粧をしている人を見て、「あぁ日本だ」と思いました。

と同時にマナーってなんなんだろうなぁと思いました。

さらに、電車の中でガン寝してる人を見て、「あぁ日本だ」と思いました。

と同時に平和ってなんなんだろうなぁと思いました。

浅草の五重塔の上に登って仏舎利(お釈迦様の骨)を拝んだ後、
宗教について、色々考えてみたいと思いました。
(2月15日は、お釈迦様の涅槃の日で、
 仏舎利が特別公開されます。)

富士山を “文化的” 世界遺産に推薦することに対し、
うーーん?と思いました。

自分は、匂いで季節の変わり目を感じるんだなぁと思いました。

去年の今頃、あーあんなことをしていたなぁと思いました。

弟は、病気になっても、気を使う子なんだなぁと思いました。
(風邪がひどく、救急で病院に行って、
 レントゲンや血液検査とかをしたら、
 結構お金がかかったそうです。
 そしたら、母に「かぁちゃん、金かかりすぎてごめん・・・」
 と謝ったそうです。かわいい・・・。)



人は色々なことを “思う” んだなぁと思いました。
[PR]
by kanapyon_814 | 2007-02-15 23:13
◎サプライズ
先週は、我らがママリンの誕生日でしたっ!!!
というわけで、サプライズプレゼントをしました。
 
 ↓

父・私・妹で、サプライズ実行委員会を立てて、計画を実施。
まず、何をプレゼントするか会議。バッグに決定。

誕生日の数日前:
別々に出かけると偽って、妹と一緒に出かけ、
プレゼントを購入。

帰ってきたとき、
母の目に触れぬよう、ある特別ルートから、
プレゼントを部屋に搬入。
クローゼットへのしまいこみに成功。

誕生日当日、朝:
何気なーく、「誕生日おめでとう」と言っておく。
プレゼントがあることを匂わせないように(笑)

昼間:
母がちょっとお使いへと外出。
今がチャーーンスと、クローゼットへと疾走。
プレゼントをリビングルームの椅子の上に設置。
父、私、リビングルームから撤収。(妹は、部活中・・・ごめんでした)

母、帰宅。
「Kちゃーん!ちょっと手伝ってー」と母。
(ステキなものが待ってるから・・・ごめん!)と思いながら、敢えて、無視。
「あれーいないのー?」という声。

耳をそばだてる私。そわそわ。
リビングの扉が開く音。

「きゃーー、なーーにこれーーーー」
「えーーうっそー!」
声のトーンがいつもより、2オクターブくらい高い・・・笑。

階段を駆け上がってくる音。

部屋から出て行く私。
まだ、包みは開いていない。

「開けてみてよ~!Sちゃんと選んだんだよ~★」

「わーーー!!ステキ~♪」
というわけでサプライズ大成功!!

母は、とっても喜んでくれて、
ばっちりバッグを使ってくれています。

母の嬉しそうな顔を見て、声を聞いて、
私がプレゼントをもらったような気持ちになりました!!

おめでとう!

妹ともこれでもっと仲良くなった感じ、
また、お出かけしたいなぁと思います。



◎夢
最近、見る夢が怖いです。
少し前までは、追いかけられる夢ばっかり見てました。

先週、風邪をひいたときは、
幽体離脱をしたような夢を見ました。
夢を見るとき、たいていは「これは夢だ」とわかってるんだけど、
そのときは、現実と区別がついてなくて、起きたとき「はっ」としました。

おとといは、首を絞められて苦しくて起きました・・・。

もーやだー。いい夢が見たい。



◎夢の海・デジャブー
5年間行かずじまいだった、夢の海。
ついに行ってしまいました。

王国に比べて、大人な雰囲気でステキでした。
珍しいものをいっぱい見ました!!
これとか!
e0064166_081024.jpg



キャストさんの笑顔がはじけていた。
でも、冷めてるキャストさんもいて、それも面白かったです。
e0064166_085259.jpg




そこで、ある瞬間にデジャブーを見ました。
初めて来た場所なのに、もうすでに3回くらい見た映像でした。
びっくり。時々見ます。



◎夢心地
今日、スウェーデンで一緒だった長野に住んでる友達に会いました。
一年ちょっとぶり。

懐かしい話をしたり、近況を語ったり、楽しかった。
彼女と話すととても安心します。

スウェーデンでは、お互いとっても近くに住んでいたから、
会いたいときに会いにいけて、夜な夜な話をすることができました。
1週間会わないだけで、あれ、久しぶりだね!みたいな。

今は、関東にいる人、関西にいる人、みんなばらばらで、
すぐに会うことはできません。

ベクショーという土地で、そんなみんなが出会って、
色々と話をしたのは、夢みたいな気がするねって、
しみじみしてしまいました。

でも、今は、それぞれ違う土地に住んでいても、同じ経験を通して、
しっかりつながっていられてるという気がして、とっても嬉しかったです。

今、この瞬間、こうして話せているのが
本当に不思議だねぇ・・・と友達と話しながら、
一緒にスウェーデンにいた仲間だけじゃなくて、
出会って、同じ経験をして、
今、私が、何かでつながっていられてる人たちは、
一つでも違うことをしていたら、
会えなかった人たちなんだよなーということを改めて感じ、
本当にすごいことだなぁと思いました。

出会いの奇跡に改めて感謝。



◎歩
今日午前中は、父と皇居の方まで歩きました!
東西線の駅3個分を往復したことになる。

歩くってスバラシイです。

今度写真UPします★

e0064166_034063.jpg
[PR]
by kanapyon_814 | 2007-02-11 00:25
こないだ、自分の前のスケジュール帳を眺めていました。

大学1年、2年の頃って、とにかく、走っていた感じで、
今じゃ考えられないほどのスケジュールをこなしていました。
1日に、用事が3個とか当たり前だった。
それでも、物足りない感じがしていた。
何かしていないと、怖かったんだと思います。

自分を高めなきゃとか、何かを学ばなくちゃって、
すごく追われている感じがしてたような。

あのときは、ちゃんとやってるようで
実は中途半端で、気づかないうちに、
色んな人に迷惑をかけていたと思う。

断ってはいけないって思ってた。
やれるだけやらなきゃって。

だから、あんまりゆっくり考える時間とかもなかった。

でも、そういうふうに、とにかくやれるだけやれば
それでいいっていうわけじゃないんだっていうことに
あるとき気づいた。

自分のその時の状況を考えて、
できないことはできないって言わないと、
逆に迷惑をかけるんだって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後、ユネスコクラブで部長をさせてもらうことになって、
色々と掛け持ちしている自分に役が務まるのかどうか
すごく不安で、悩んで、色んな人を振り回してしまったんだけど、
部長になることで、自分が優先的に考えるべきことができて、
軸ができて、逆に、気分がちょっと楽になった。

そして、それまでは、自分が全部やらないと
気がすまないみたいな感じがあったんだけど、
他の人にお願いして、任せることを覚えた。

あと、自分がこうした方がその人のためになるって思っていることと、
その相手が、こうしたいと思っていることが、違うことが多いことに気づいて、
相手がどうしたいか、よく意見を聞くことの大切さを毎日のように痛感した。

あのとき、色々なことを
受け止めてくれた仲間には、すごく感謝している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

留学に行くかどうかも、すごく悩んだのだけど、
行くことで、それまでに自分がやってきたことを
整理して、1回、“無”に戻れて、
そのおかげで色んな新しいことを吸収できてよかった。

自分と向き合う時間も増えた。

あのとき、留学を選択していなかったら、
今の自分は、また違った自分になっていたと思うと
とっても不思議に思う。

留学を選択してよかったと思っているけど、
そっちも経験してみたかったなとも思う。

そのときに選べるのは、1つで、
その1つが、自分のその後の進むべき道を
決めることになりうるのだから、
何かを選択することってすごく不思議。

きっと、最初から運命づけられてるんだろうなぁって思う。

前に、ある先輩が、
「一度決めたことには、迷わない」って言っていたんだけど、
すごく大事なことだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰国してから今までは、
卒論もあったし、家にいることが多かった。

気持ちは結構ゆらゆらしていた。

自分の次に進むべき道を探すのが、
すごく怖かった。

色んなものを見てしまったら、
もっともっとゆらゆらしてしまうんじゃないかと思って、
もしかしたら、あまり視野を広げないようにしてきたのかもしれない。

自分のことなのに、自分が何をしたいのか、
わからなくなって、いらいらした。

こうしようって決めた後でも、
他の人の意見を聞いたり、他の人が進もうとしている道を聞いて、
本当にこの選択でよかったのかなとか思うことがあった。

自分をコントロールするのも、すごく難しかった。
自分の中に大きく分けて、3つの部分があることも知った。

怠けたいとか、もーいいやーとかそういう風に思っている部分、
やらなきゃとか、しっかりしなきゃって思っている部分、
どちらかを選択する部分。

選択する部分が、自分の行動として表に出てくるんだけど、
自分の深層心理と、自分の表層として現れる行動が、
上手くかみ合ってないような変な気分になることが多かった。

楽しいことをしていても、なんか、心から楽しめないとか、
そういう感じで。

じゃあ、深層心理の部分を行動にできるように
選択をしていけばいいじゃんって話だけど、
それが難しい。

やっぱり何かが怖くって、何かに臆病になっていた。

怖いものが何なのか、なんとなくわかる気もするんだけど、
踏み込めなかった気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それがなんだか、ずっとずっともどかしくって、嫌だったから、
これからは、もっとぐっと踏み込んでいこうかなって思っている。

帰ってきてからの自分が、なんだか怠けている気がして、
すごく嫌だった。自分を高める努力をしてない気がしていた。

でも、よく考えたら、自分を高める方法って一つじゃなくて、
進むことだけがその方法じゃなくって、
なんだか進めないなぁって思って色々悩むことも、
とっても大切なことかなぁと思う。準備期間みたいな。

でも、実は、
「自分を高める」っていう言葉にこだわる必要なんかないのかも。
どうしたって、私が私であることには、変わりはないから。

せっかく、私で生まれてきたんだから、
私が持ってる何かの力を、どこかで、存分に発揮できたらいいなぁ。
単純に、そう思う。


これからの目標、、、怖がらない。 切り替える。 腹をくくる。

選択したことには、もう揺るがない。
最後まで、自信を持ってやりきりたいと思う。

そして、その道に踏み込んだら、
ちゃんと踏み込みきって、
それで、だめだって思ったら、
他の道を探せばいい。
なければ、自分で道を作ればいい。

いつも思うことだけど、
やっぱり、もっと強くなりたいと思う。
[PR]
by kanapyon_814 | 2007-02-09 16:14
30日に、卒論、無事提出しましたっ!!

書いてるうちに自分について学んだことが
たくさんある気がするけど、
それはまた今度書きます。

提出に当たっては、
先生に色々アドバイスを頂いたり、
友達に読んでもらって、つっこみを入れてもらったり、
日本語を直してもらったり、
本当に色々な人にお世話になりました。

どうもありがとうございました!
とっても感謝しております。

進路も無事に決まるといいなぁと切に願う、
今日この頃です。

やはり、次に進む道が決まるまでは、
そわそわしちゃいます。

まだ、真っ白な4月からのスケジュール帳・・・。

これから、どんなことで埋まっていくのかなぁと
不安でもあり、楽しみでもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、弟(高1)が、留学中にしていた約束を果たしてくれました。

「私が帰るまでに、
エレキギターを上手く弾けるようになって、
私の前で一曲披露する。」っていう約束でした。

帰ったとき、実は、エレキギターは、
弟の部屋の飾り物みたいになっていました・・・笑。

でも、いつのまにかに、友達とバンドを組むことになり、
途中、エレキギターがベースに変わったんだけど、
弟たちのバンドは、初ライブを行いました☆

急に、ライブやるって言い出して、
「えっ?!あんた大丈夫なの???
ちゃんと弾けるの?」って
家族みんなでちょー心配してました。

ベースって、一人で弾いてても、
何を弾いてるんだか全然わからなくて、
弟が家で練習してると、母がいつも、
「なんか、琵琶法師みたい・・・」って言うんですよ。


琵琶法師がライブ?!
できるのかしら???


そんな心配をよそに、弟は、ステージの上で、
しっかりいい音を出していました。

しかも「棒立ちで弾くのか?」と思っていたら、
ちゃんと音楽に乗ってて、それっぽかったです!!

なんだか、とっても感動しました。
自分が、姉バカなことを確信しました・・・笑。

観客は、ほとんどが学校の友達だったのですが、
弟が、とても楽しそうにしていたのが、
何よりも、嬉しかったです。

もーめちゃくちゃほめてあげました笑。

実は、ライブ、
最初に「行っていい?」って聞いたとき、
「えっ・・・だめ。」と言われてたんです。

でも、
「じゃあ、今度いつ?」
「9月の文化祭の時だと思う。」
「えーー、私、日本にいないかもしれないじゃん!
(まだ予定はありませんが、可能性ということで・・・)」
「えっ、そうなの??じゃあ、お姉ちゃんは来ていいよ。」
って、行けることになりました。あはは。

約束、
ギターに全然触れてなかったときもあったってことで、
一時は、どうなるかと思っていました。

でも、
「私の前で一曲」 どころか、
「みんなの前で数曲」、 
しっかり約束を果たしてくれました。

メリーの羊さんも言っていたけど、
誰かの成長を見ることができるのは、
とっても嬉しいことです。

これからも、楽しい高校生生活
送ってほしいなぁと思います。

e0064166_285052.jpge0064166_29423.jpg
[PR]
by kanapyon_814 | 2007-02-02 02:11