05年夏~06年夏まで1年間スウェーデンに留学していました。東京での大学院生活を経て、今は岡山県で働いています。


by kanapyon_814
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

桜が咲きましたね012.gif
どうして、毎年見てるのに飽きないんだろうな。不思議ね~
今日、雨降っちゃったから、ちょっと散っちゃったかな・・・。

桜といえば、この前、博士課程の先輩に誘ってもらって、
留学生の友達と百草園に梅を見にいきました。
そこで表千家のお茶を体験(丁寧な解説つき)。
日本文化、奥が深いです・・・。
e0064166_130564.jpg


先週は久しぶりに14の会があって、
心の中にある、もやもやしてるものとか、
思っていること、願っていることなどなどを
吐き出させてもらっていました。

そして、「自分“だからこそ”できることを見つけたい」というのが
ずっと自分のテーマなんだという話をしました。
すると、14の会メンバーのJ兄が、
「kanapyonにこれあげる!」といって
ポストカードを差し出してくれました。

相田みつをさんの詩が書いてあるポストカードです。
「今日、美術館行ってきたんだけど、
kanapyonが今言ってたことが書いてあるからあげる」と。


『わたしは、無駄にこの世に生れてきたのではない
また人間として生れてきたからには、
無駄にこの世を過したくはない。

私がこの世に生れてきたのは、
私でなければできない仕事が
何か一つこの世にあるからなのだ。

それが社会的に高いか低いか
そんなことは問題ではない

その仕事が何であるかを見つけ、
そのために精一杯の魂を
打ち込んでゆくところに
人間として生れてきた意義と
生きてゆくよろこびがあるのだ』

相田みつを
(昭和35年12月)


また、相田みつをさんに気持ちを代弁してもらった気分です。
J兄、ありがとう!

こういう詩を書ける相田みつをさんは、
どんな人だったんだろう?と、とても気になります。
[PR]
by kanapyon_814 | 2008-03-31 01:45
だいぶ、春らしくなってきました058.gif
私はどうやらまだ花粉は大丈夫そう・・・。
みなさんは大丈夫ですか?

さて、この前、無性に歩きたい気分になって、
2駅前から家まで歩いてみました。
40分かかりました。結構かかるんですねー。

T駅⇒W駅⇒家と歩いたのですが、
T駅の近くには通っていた幼稚園があり、
T駅とW駅の間に昔住んでいた家があり、
W駅の近くには小学校があるので、
なんだか思い出めぐり的な気分に浸ってしまいました。

街自体には、大きな変化は無いんです。
でも、お店が結構変わっていて、
幼稚園のときにお気に入りだったパン屋さんとか
なくなっちゃってました。

ある場所は、何回テナントが入れ替わっても、
長持ちしなくて、お店がどんどん変わっていって、
ある場所にはずっと同じお店が変わらず根付いていて。

何の違いなんでしょうね~。

そういえば、店頭でラーメンの歌を流してる
ラーメン屋さんがあった!
「みーそ(みーそ)、しょーゆ(しょーゆ)
と・と・と・と・と・とんこつ」的な歌。
笑いこらえるの大変でしたー。

そう、あと、いつもチャリで爆走して通り過ぎていた
バイオリン屋さんの前を、その日はゆっくり通ると、あらステキ・・・。

夕方暗くなっていく中に、オレンジ色のやわらかいライトで、
バイオリンやチェロが照らされていて、中を軽く覗き込んだら、
店主さんらしき人が優雅にチェロを演奏されていました。
防音ガラスになっていたのでしょう、音は聞こえませんでしたが、
心の中に「ほっ」てろうそくの灯りがともったような気分になりました。


街の中は、
全体的には変わっていないように見えて、
細部ではすごく変わっていて、
でも、やっぱり変わっていなくて、
けど、変わろうともしていて・・・

私もそうなのかなーって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というのも、机の引き出しに高校生のときに
心に残った言葉とか、自分の気持ちとか書いていたノートが入っていて、
それを久しぶりに開いて読んでみたんです。

そうしたら、びっくり。
今も同じようなことを思い続けていることがわかりました。

このブログのタイトルである「チャレンジ」って言葉も、
「これだ!と思ったことをやっている人がステキだと思った」っていうことも書いてありました。

そして、途上国や地球市民という言葉がタイトルに入った本を読んでいたことや
なにやら、スウェーデンにも何気にそのときから興味を持っていたらしいことも
再確認できました。

成長してないんだか、いい意味で変わってないんだか、よくわからないけど、
でも、なんだか安心しました。


私が高3の時に、支えにしていた標語、3点セットもまた思い出すことができました。

  『結果を気にしていては、今尽くすべき努力がおろそかになる』

  『思い切ったら容易なことでも、やらずにおくと悩みとなる』

  『物事を慣れの心でしていると、肝心なときに失敗する』

今の私にとても必要な言葉です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、バングラデシュのNPOで一緒の1つ下のMちゃんに会いました。
Mちゃんが 「私がバングラデシュに行こうと思ったのは、
kanaさんの報告会聞いたからなんですよー!」って言ってくれて、
すっごく嬉しかった。ありがとうね!!
自分の行きたい道、確認できた感じです!

そして、おにいちゃんおかえりーーーーーっ!!
[PR]
by kanapyon_814 | 2008-03-22 00:39
TVで聞いた、スピリチュアルカウンセラー江原さんの言葉に感動。

『物は持っていても盗まれてしまうことがある。
けれど、あなたがした経験は、
決して盗まれることはなく、ずっと、あなただけのもの。
だから、
“経験”というのが一番の“財産”なんですよ。』


『人は死に直面することで、どう生きていくか考えるようになります。
だから、
死について考えたり、死と向き合う機会があった人の方が、
豊かに生きられるようになります。』


人と話すときに、緊張してしまうという悩みに関して。
『人によく思われようと思うから、緊張するんです。
よく思われようというのではなく、
目の前にいる人を楽しませよう、喜ばせようという気持ちで
接してみてください。』



江原さん、偽者だとか言う人もいたけど、
私は江原さんにはオーラとか、先祖の霊とか見えるのだろうなと信じられるなぁ。

私が江原さんに見てもらったら、
おじいちゃん(父の父)とおじさん(母の兄)が
見ててくれてるよって言われるような気がする。
2人とも生まれてくる前に亡くなったけど、
なんとなく親近感があるし、
生きていたら、とても仲良くなれていた気がするから。
[PR]
by kanapyon_814 | 2008-03-07 01:03
以前、935のブログで出会ったこの言葉に、
先日再会しました。



『あなたが虚しく過ごした 今日という日は、

昨日死んでいったものが

あれほど生きたいと願ったあした』


  (趙昌仁著 『カシコギ』の一節。)




どこかで見聞きしたことがある人も多いと思いますが。

単純に再会したというより、
再会してしまったという感じ。

刺さります。
[PR]
by kanapyon_814 | 2008-03-04 17:37