05年夏~06年夏まで1年間スウェーデンに留学していました。東京での大学院生活を経て、今は岡山県で働いています。


by kanapyon_814
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日、スウェーデンから、
ちょっと遅めのクリスマスカードが届いた。

差出人は、70歳を越えたAさん。
毎年カードを出すとすぐに返事を書いてくれる方で、
実は、今年はどうしたのかなぁと心配していた。

カードの間には、ハンカチが挟まっていて、
カードには、こう書いてあった。

「心臓の病気で、11月と12月に入院をしていました。
今もあまりよくなってないのだけれど、
あなたのために、ハンカチに絵を描くことはなんとかできたわ。
私たちの友情の印よ。あなたに会いたいわ!」

これを読んで、ハンカチを見て、涙が溢れてきた。

すぐにスウェーデンに行きたいと思った。
今まで感じたことのないくらい
スウェーデンがとっても遠く感じた。

9月に会ったときのAさんの笑顔を思い出して、
私は、一生のうちで、
あと何回彼女に会うことが出来るのだろうと思うと
とても寂しい気持ちになってしまった。


はっと、電話をしようと思い立った。
Aさんの家に電話をすると、元気そうな声を聞けた。

しかも、留学中お世話になったK先生が
遊びに来ていて、2人と同時に話をすることが出来た。
(K先生の紹介でAさんとは知り合いになった。)
といっても、電話で話せていることにドキドキしちゃって、
たじたじなスウェーデン語になってしまったけれど。。。

電話をしたら、やっぱり遠い。。。と感じていたスウェーデンが
またとても近く感じられた。
会えないけれど、心は近くにあるはず!!


そう考えると、会いたいと思ったときに、
友達と会って、面と向かって話ができるということは、
本当に奇跡に近いことなんじゃないかと思う。

誰かと会って、同じ時間を過ごせるということに、
もっと感謝して、大事に大事にしていかなければ・・・と思った。

いただいたハンカチ
e0064166_312635.jpg



だいぶ前のことだけれども、
68歳のSさんからいただいたお手紙の中で
書いてくださった詩を紹介したい。

「人が人を愛するとき 愛が創られ、愛が生まれる。

人が人を愛さないとき 罪が作られ、罪が生まれる。

愛する愛だけが すべてを統合し創造する。

愛するとき 奇跡は創られる。」


ちなみに、Sさんが下さるお手紙の封は、いつも、
〆の代わりに「夢」と書かれている。

e0064166_3153847.jpg

[PR]
by kanapyon_814 | 2009-01-27 03:22
今日は、学部の時のサークルのOBOG会に参加してきました。
1年生はみんな平成生まれ!!年の差を感じちゃいました。

後輩たちに、「こんなことで悩んでるんです。」と相談されたり、
「どうして大学院に行ったんですか?」などと聞かれ、
あー私も、色々悩んでたなぁ・・・と懐かしく思いながら、
自分自身のことを振り返ることもできました。

常に悩んでいた私も今じゃ、
「なるようになる」がモットーの1つです。

そして、それぞれの子達が、
自分の個性とかキャラクターを存分に発揮していて、
私も自分のキャラクターを大事にしようとも思えました。

・・・・・・・・・・・

今日は、これだけじゃ終わらず、
家に帰るなり、「聞いてよ~!」と母。
父と母のアンラッキーなストーリーを語りだしました。

それが、ドラマのシナリオに書かれていたかのように
ついていないことが連続で起こる話で、びっくり。
思わず、「それブログに書いていい?」と聞いてしまいました。
「もー是非書いてよ!」と了解を得たので、
物語調で書いてみたいと思います。


題<散々な一夜>

知人の奥様の日本舞踊を観にいったTとR。
夜は、近くでご飯を食べて帰ろうということになった。

日本橋の近くだったので、
「有名なうなぎ屋のK川に行こう」とTが提案。

休憩時間、知人に会った2人。
知人が急いだ様子で言った。

「実はさ、K川のご主人がなくなって
今から抜けて、お通夜にいかないといけないんだ。」

「えっ!K川のご主人が亡くなった?!」
当然、K川はお休み。


終演後、「じゃあ、コレド日本橋に行こうか」と向かった2人。
しかし、入り口に着くと、
「本日、館内電気工事のため、全館8時閉店」という文字。
でも、レストラン街は開いているのでは?とほのかな期待を持って
インフォメーションに確認へ。

「申し訳ございません。
本日は、レストラン街も含めまして8時閉店です。」
無情にも既に、7時55分。がーん。


「よし、じゃあ、洋食で有名な、T明軒だ!」
気を取り直して再度出発。

店の前に到着し、やっとご飯だと思ったその瞬間・・・

ぱちっ。

店の電気が、、、、消えた。。
はぁ~?!


再度、気を取り直して、「なら高島屋だ!」とまた歩き出す。

「○階、レストラン街です。」
チーン。エレベーターのドアが開く。

「おめー、なんだよ!!」

目の前に広がるのは、
なんと酔っ払いと若者のケンカ。
抑える人など、5~6人が巻き込まれている。

天下の高島屋で、ケンカとは。。。と横目に見つつ、
やっとの思いで、天ぷら屋へ。

「カウンター席と、テーブル席、どちらにしますか?」
「じゃあ、テーブル席で」

それぞれ注文し、料理が出てきた。

しかーし、

天ぷらが、、、しょぼ。。

 (母いわく、「海老の天ぷらがこーーんなにちっちゃいのよ!」)

帰り際、カウンター席をちらりと見る。
「あの人たち、なんであんなにゆったりしてるのかしら?」
店前のメニューを見る2人。

「当店では、カウンター席では、できあがった天ぷらをすぐにお出しします。
テーブル席では、天ぷら定食・セットのみとなります。」

えーっ、それ、どっちの席か聞くときに、
説明してくれればよかったのに!!

もー散々な夜だ。。。

<終わり>


しかもこの話には続きが。。。

父と母、2人でご飯に行くのは、
なかなかないことで、母が、
「今日は、雪が降っちゃうかも」と言っていたそうなんです。

夜の11時半ごろ、ほんとに降ったし~!!!!
びっくりだ!

「事実は、小説より奇なり」でしたっけ?
こんなシナリオに書いていたかのようなことが
起こることもあるのですね。
だから、人生は面白いのか。。。

ちゃんちゃん。

・・・・・・・・・・・・・

先週、相撲を観にいってから、なにかと気になってしまう私。
日曜日は、朝青龍と白鵬の直接対決だ~~~!!!
[PR]
by kanapyon_814 | 2009-01-25 01:25

知りたがり屋になる訓練

私たちの身の回りのこと、
知っていると思っていることでも、
実は知らないことが多いです。

ボールペン1本取ってみても、
知らないことだらけです。

先日、
森ゼミ(「社会のいろは」を学ぶためのゼミ)で
そのことを学びました。

そして、「質問力」「疑問に思う力」をつけ、
「知りたがり屋」になるための
訓練方法を教えていただきました。

まず、質問をする対象を決めます。
(えんぴつでも、けしごむでも、なべでも、携帯電話でも何でもOK)。

そして、何人かでグループをつくって、
そのものに対する、質問をどんどん作っていくんです。

間髪を入れずに。

例えば、ボールペンだったら、
「いくらか?」
「いつ作られたのか?」
「どこで作られたのか?」
「なんでこの形なのか?」
「これは、なぜノック式なのか?」
「誰がこのデザインを考えたか?」
「プラスチックの原料は何か?」
「何回の企画会議を経て、商品化が決まったのか?」
「そもそもボールペンは、いつ最初に作られたか?」
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

出てくる、出てくる!!

想像力を膨らませ、見方を拡げていけば、
1個のボールペンに対してでも、
何十個でも質問が出てきます。

こんなに知らないことあったんだ。。。と驚き。

知りたがるのって面白い☆
[PR]
by kanapyon_814 | 2009-01-24 01:48

いろいろなオススメ♪♪

土曜、日曜とセンター試験のニュースが話題でしたが、
我が弟も、センター試験を受けにいっていました(>o<)
自分のことじゃないのに、なんだか緊張してしまいました。

「弟、しっかりー!」と思いながら、土曜は、
3組の懐かしい人々に会うことが出来ました。

そして私は、どのグループでも
「筋肉」についてアツく語ってしまいました(笑)

最近、大学1年生のときに知り合った仲間たちに会うときは、
「うちら、今年で会ってから7年目に入るんだね~ひゃ~!」
みたいな会話になることが多いです。
本当、月日が経つのは早いっ!

・・・・・・・・・・・・

1月になってから、新しいゾウの仲間が増えました♪
2つともサプライズでいただいてめっちゃ嬉しかったです☆
本当にありがとうございました!!

1つは、タイのお土産のゾウのT-シャツです!
ある日家に帰ったら、郵便局のエクスパックが
机の上に置いてあって、開けたらこれが登場してくれました!
e0064166_2481122.jpg


もう1つは、青いゾウのキーホルダーです!
これは、ちょっと席をはずしているときに、
いつの間にかに携帯に付いていてくれました!
とってもびっくりでした!

しかも、以前、「かわいいなぁ、買おうかなぁ」と思ったんだけど
「今日は我慢だ、今度にしよう」と我慢したもので、
さらにびっくりでした!本当にありがとうございました☆

e0064166_2533996.jpg


・・・・・・・・・・・

さて、今日は、いろいろなオススメを紹介しようと思います。
ぱっと思いついたものだけですが。

【レストラン】

①板前ごはん 音音(おとおと) @新宿他 
パリにも支店があるらしいです。
http://r.gnavi.co.jp/g223695/

お手ごろ価格で和食を堪能できます。
雰囲気は、まったり、ゆったり。
話も弾んじゃいます☆

できたて豆腐、つくね、土鍋で炊いたご飯は、マストです。
デザートもおいしいです♪


②カフェ・ロシア @吉祥寺
http://caferussia.web.fc2.com/

ロシア料理&グルジア料理のお店
ランチで行きました。

980円で、
・ボルシチ
・ロシアのパンケーキ with サーモン or  きのこのつぼ焼き
・ピロシキ
・デザート
が食べられちゃってお腹一杯です。

なんとランチは、17:00まで☆
内装は、ピンクで素敵でした♪


【お菓子】
ガトーフェス・ハラダのラスク
http://www.gateaufesta-harada.com/app/home.html

これを食べたらラスクにはまります。
私は時々、急に食べたい発作がおきます(笑)

新宿だったら京王百貨店で買えます♪

甘いものが好きな人には、
ホワイトチョコレートがかかったラスク(夏は食べられない)が、
おすすめです!(よね、ながさとさん!)


【映画】
ミュージカル映画が大好きな私。
いつか、カラオケで、ミュージカルの曲ばっかり歌ってみたい~♪
2つの映画をおすすめします!

①アクロス・ザ・ユニバース
http://across-the-universe.jp/

これは、オススメしてもらって観た映画なんですが、
めっちゃよかったです♪

ブロードウェイのライオン・キングを演出した
ジュリー・テイモアさんが監督で、
ビートルズの曲で、登場人物の心情がつづられていく映画。
1960年代~70年代のイギリス&アメリカが舞台。

どの場面でもぴったりの曲が出てきて、
ミュージカル特有の、「えっ、急に歌?!」みたいなのがなく
とっても自然でした。


②ヘア・スプレー
http://hairspray.gyao.jp/

観たら、とにかく元気になれるっ♪踊りたくなる♪

ありのままの自分に自信を持つこと、
自分が正しいと思ったことをやることの大切さなどを
感じられる映画でした。


【妖精がいるって信じる】
これは、私が、ハッピーな気持ちを持ったり、
緊張や不安を取り除いたりするために、
大事にしていることです。
今度改めて紹介します☆
[PR]
by kanapyon_814 | 2009-01-19 03:33

大相撲を観てきたぜぃ☆

昨日、スウェーデン人の友達と、
両国国技館に大相撲を観にいってきました。
e0064166_22272440.jpg


相撲はすごく小さい頃に1回観にいって以来だったので、
ほぼ初めてでした。
友達は、5回目くらいだそうで、
日本の文化を逆に教えてもらいました。

友達いわく、
「相撲は、日本の文化とスポーツ、
両方を楽しめるところがいい」そうです。
確かにっ!

国技館には、「大相撲 満喫入門」というハンドブックなども
日英両語で用意されていて、初めての人でも楽しめます。

相撲はテレビのニュースでしかほとんど観ないけど、
実際行ってみたら、知らないことがいっぱいあり、
とても面白かったです!!!!

例えば、こんなことがわかりました。
相撲をよく知っている方には、
今更そんなこと・・・という感じかもしれませんが、すみません!

① 国技館は、朝8時から開いていて、8時50分から取り組みが始まる。

② 呼出し(「にぃ~しー○○やま~」の人)と行司(「はっけよい」の人)は、
  2~3取り組みごとに交代する。

③ 若い人も結構観に来ている。外国人観光客もかなり多い。

④ 「とよざくらーー」などと言う力士への声援は、子どもからのものが多い。
  とてもかわいい。  

⑤ 力士の入り待ちをしている人の中には子どもや女性ファンも多い。

⑥ 高見盛に対する声援が一番多い。魁皇も人気。
  高見盛は、土俵上ではやる気満々なパフォーマーという感じだけど、
  高見盛のファンであるスウェーデン人の友人情報によれば、本当はシャイらしい。

⑦ 土俵の上にはマイクが設置されていて、
  力士が体を叩く音や、踏ん張っている声がよく聞こえる。

⑧ 朝赤龍という名の力士がいる。

以下、写真でご紹介します。
写真は上の方の席からズームで撮りました☆

【幕内力士、国技館入りの様子】 南門にて。
(歩いてくるのは関脇までで、
大関・横綱は、別の入り口から車で乗り付けるそうです)

こんな感じで続々国技館入り。
e0064166_22155127.jpg

多分、出島関。 番傘がいい感じ!(この時ちょうど雹が降っていました) 
e0064166_22153454.jpg

エストニア出身、把瑠都(バルト)関。198cm。
e0064166_22161170.jpg

今場所から幕内力士となった、山本山関。248kg。
e0064166_22162566.jpg


【幕内力士土俵入り】
e0064166_22264367.jpg


【横綱土俵入り】
朝青龍関。
e0064166_22354178.jpg

白鵬関。
e0064166_223735.jpg


【取組】
e0064166_22401930.jpg

e0064166_22412972.jpg


「百聞は一見にしかず」っていうけど、
「百テレビは一訪問にしかず」だなぁ~と思いました。

やっぱり「生の空気」って全然違います。
取り組み前の盛り上がりと一瞬の緊迫感は
国技館に行かないと味わえません。

観て、行った気分になるのではなく、
そこに実際に行ってみたいなと思わせられるような
「きっかけ」になるテレビ番組を作っていけたらいいなぁと思います。
[PR]
by kanapyon_814 | 2009-01-13 22:42

いつの間にかに・・・

2009年明けてから、
毎日がどんどん過ぎていきます。

この年末年始で、
社会人として働いている友達にも何人か会えたけど、
「社会に出ると、人間関係が学生の時とは違うよー」ということを聞いたり、
考えていることや悩みが変わっていたりして、
みんなどんどん先に進んでいるんだなぁと思います。


ここ何年か、私は、周りの方々に、
「大人っぽくなるにはどうしたらいいですか?」とか聞いたりして、
「大人になる」ってことを、なぜだか、すごく意識してました。

ただ漠然と・・・。

だから、
「“大人”って何?どんな人のことを“大人”っていうの?」って
聞かれても、答えられないです・・・(苦笑)

その度に言われるのは、
「そんなこと考えなくて大丈夫だよ。
気づいたら、いつの間にかに大人になっているから!」ということ。


確かにそうだなと思います。

それをよく感じるのは、
祖母や親戚に会うときです。

父方の祖母に会っても、母方の祖母に会っても感じるのが、
「おばあちゃん、小さくなったなぁ。。。」ということ。

昔は、祖母に手を引かれて歩いていたけれど、
今は、私が祖母の手を引いて歩いています。
しゃきっとしていた祖母の背中も、
まぁるくなっています。

祖母が年を重ねているということ、
それは、裏を返せば、
自分が成長していることでもあるのかぁと感じます。

親戚で集まるときは、昔は自分が一番年下でした。
でも今は、いとこに子どもがいて、その子たちが
かつて自分がしていたように、はしゃいで、ぐるぐる走り回っています。

そういえば、母との関係も、以前とは違ってきていて、
私が母の相談を聞いたりするようにもなってきました。


いつの間にかに、
自分の立ち位置みたいなものが変わっていたんだな、
と感じることが近頃多いです。

これが大人になるということなのかしら。。。
月日は確実に流れているのですね。

でも、自分が小さい頃に思い描いていた23~4歳と、
今の自分には、ギャップがあるんですよねぇ。。。
小さい頃に想像していたよりも、今の自分は、未熟です。
まだいろんな意味で親に頼っているし、些細なことで凹んでしまうし。


・・・凹むと言えば、小学生の頃から、
自分の嫌なところばっかりが気になって、
ネガティブスパイラルにはまってしまう「魔の時期」が
1年に2~3回やってくるんですよね。

極度の心配性じゃなくなったこととか、
自分の中で変われたな!と思うところはいくつかあるけれど、
この「魔の時期」がやってくることだけは変わらない・・・(笑)


実は、年末もそうだったんです。

皆といるときは、楽しいんだけど、1人になると、
「今日の自分のここもだめだったし、あそこもだめだった・・・」と
反省&自己嫌悪みたいな。。。


ところが、年始になると、
まるで、用意されていたかのように、
会う人会う人から、また、たまたま読んだ本から、
「とにかく、“自己肯定”が大事」ということを
学ばされる日々。

一緒にボランティアをしているある方と話していたときには、
本当にその時に必要だった言葉をジャストミートで言っていただいて、
涙がぼろぼろ溢れてきました。

それは、自分の全部を受け入れること。
「どんなに、その日の自分が嫌でも、今日の自分として、
それはそれで受け入れて、明日はこうなろうと想像するといいのよ。」
と教えていただきました。

というわけで、
「魔の時期」からもいつの間にかに
脱出することができていました。

いい方向に導いてくれる、
「妖精ちゃん」はいるのですね~♪


では、今週もよい一週間を☆
[PR]
by kanapyon_814 | 2009-01-12 00:58

新年・初笑い☆

2009年、あけましておめでとうございます!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします☆


・・・・・・・・・

新年、明けちゃいましたね~!
年末年始はいかがお過ごしでしょうか?

この前は、詳しくかけませんでしたが、
年末は楽しく過ごせました♪

仮装パーティーしたり(笑)、
ラオスから帰ってきた先輩とご飯に行ったり、
キルギス人の友人にキルギス料理をご馳走になったり、
面白い会合が実現したり、
番組の収録を観にいったり。

そして、合宿も楽しかったです♪♪
泊まったのは長野の白馬だったのですが、途中、
山梨日立建機という、地雷除去機をつくっている会社を訪れ、
地雷除去機を見せていただきました。
これが、カンボジアなどで活躍している地雷除去機です。

e0064166_1214662.jpg

e0064166_1231493.jpg


白馬では5~6年ぶりにスキーしました!
先生や一緒に行った人たちと色々と話せたのもすごく面白かったし、
泊まった山荘に子どもたちがたくさんいて楽しかったです。
子どもの発想力には本当に驚きます。即興コントとか見せてくれました。

これが08年の笑い納めで、
09年の初笑いは、弟からいただきました。

お節を食べているとき、弟が隣に座っていたのですが、
ちょっとまゆげがきれいになっていたので、
「あれ、まゆげ整えた?」と聞きました。
「うん、ひげ剃ったときに、ちょっとやった」と弟。

「あらー、君も、ひげを剃るようなお年頃になったのねー」と私が言うと
今度は父が、「何で(なんで)、ひげ剃ってるの?」と聞きました。


・・・すると、なぜか弟が急に真剣な表情になり、
「なんで、オレが、ひげ剃っちゃいけないんだよ!!」と怒り出しました。


家族全員、一瞬考えてから大爆笑!


父は、かみそりで剃ってるのか、電気かみそりで剃ってるのかのHowを聞いたのに、
弟は、Whyだと思って、ひげを剃ることを否定されたと取ったんです。

「いやいや、ひげ剃っていいんだよ~」と皆で肯定しておきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09年の目標は「失敗を恐れずにTRYすること」
変化の年になると思いますが、
壁にぶつかったとしても、前向きな気持ちで乗り越えていきたいと思います!

それから、もう一つは、「薪割り王子」を見つけることです。ふふふ~。

では、09年も笑顔に溢れた1年になりますように!
[PR]
by kanapyon_814 | 2009-01-02 01:50